2020年01月01日

そばの概要と栄養効果


たくさんのそばがありますが、

このサイトは、日本そばの内容を紹介しています。



日本そば


日本そばは、歴史は古く、

縄文時代から存在するといわれる食べ物です。

江戸時代では、そば屋は定番料理となっています。


近年は、駅などで、立ち食いそばで気軽に食べれる。

安くて時間もかけれずに食べれますね。


生そばは、ほとんどが、そば粉で出来たそばです。

二八そばは、そば粉8割、小麦粉2割でできたそばです。


そば職人さんの作る技術は変わらないですが、

値段を安価にするのが、二八そばのようですね。



生そばや二八そばの栄養効果について


生そば、白米では期待できないビタミンB1を豊富に含み、

脚気などのビタミンB1欠乏症の予防に効果がある。


また良質な植物性たんぱく質、アミノ酸リジンが多いことである。

そば(ソバ)の実のタンパク質は血中コレステロールを低下させたり、

体脂肪の蓄積を抑制させたりする働きがある。


ルチンをはじめとしてポリフェノール(フラボノイド)も多く、

活性酸素・ラジカルを減らす働きがあるので、

生活習慣病予防効果を期待できる。


そのほか、余分な塩分を体外に排出するカリウム

インスリンの構成成分で、細胞の新生や再生、感染症の

予防にはたらく亜鉛といったミネラルもそばには多く含まれ、

血圧を下げて、糖尿病の予防にも役立ちます。


そば湯は何故出てくるのか。


生そば(そば切り)と茹でた そばの栄養を比較すると、

茹でたそばでは増えた水分の割合以上にミネラルや、

ビタミンB群などの水溶性ビタミンの含有量が減っています。

そば湯にはルチンに加えてこれらの栄養も多く含まれて

いることから、そば湯があります。


本格的なそば屋さんいくと、そば湯が出てきますね。

そば湯


生そばについてもう一つ知っておいてほしい事


人によっては、残念ながら、そばアレルギーの方がいます。

そばを食べてすぐに、軽い頭痛から嘔吐の症状が出る場合は

そばアレルギーの症状と思われます。


そばアレルギーの方は、無理してそばを食べなくても、

よいと思われます。


そばは、体を冷やす働きがありますので、冷え性の方は、

温かいそばを召し上がった方がよろしいかと思われます。


特に、中高年の方には、最適の食材です。

日頃の健康や肥満予防もして見てはいかがでしょうか。


ダッタンそばというそばは、通常のそばより、ルチンが

約100倍多く入っています。

生活習慣病予防効果が、期待できる食材で注目されています。

ダッタンそばの成分と効果


たくさんのそばを紹介していきます。

どうぞ、今後ともよろしくお願いします。



posted by たみくん at 06:36| Comment(0) | そばの概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOPに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。