2013年11月11日

2013年岩手県盛岡市「全日本わんこそば選手権」

ご訪問ありがとうございます。


岩手県盛岡市「全日本わんこそば選手権」を紹介します。


岩手名産!岩手三大麺のひとつ(わんこそば)


岩手県の名物「わんこそば」の大食い日本一を競う

「全日本わんこそば選手権」が、2013年(平成25年)

11月10日に盛岡市で開かれた。


大会には、県内外から249人の胃袋自慢が参加した。

競技は、小学生や中高生の団体戦などがあり、

決められた時間で何杯食べたかを競う。


2013年は、東日本大震災以降、休止していた個人戦が

3年ぶりに復活し、神奈川県の方が、15分間で自身最高の

327杯を食べ、優勝した。


参加した人たちは、時折、苦しそうな表情を浮かべながらも、

一生懸命かき込んでいた。



わんこそば一覧


さすがに327杯食べれるなんてすごいですね。


わんこそば概要、歴代記録、わんこそばの店情報は

下記の記事をご覧ください。

東北郷土料理の味 岩手県内陸のわんこそば

生そばと二八そばの違いと効能

ダッタンそばの成分と効果


見て頂きありがとうございます。


ONE PIECE( ワンピース )
岩手限定 根付けストラップ わんこそば


ラベル:わんこそば
posted by たみくん at 02:12| Comment(0) | 岩手わんこそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

日本の風物詩 年越しそば


ご訪問ありがとうございます。

日本の風物詩 年越しそばを紹介します。


年末の12月31日は、毎年年越しそばをご馳走して

新年を迎えます。

年越しそば


その年はいろんな思いのあった年であったと思います。


幸運だった方もいれば、不幸だった方もいます。


何故、年越しそばを食べるのかですが、

そばは他の麺類よりも切れやすいことから

「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、

大みそかの晩の年越し前に食べるわけです。


その年は、あまり良くなかった方は、きちっとそばを

食べて断ち切った方が、いいと思います。


そばは、健康にいいので、是非、その年の最後に

味わうのもいいと思います。


生そばと二八そばの違いと効能

おそばに含まれるルチンの知っておいてほしい事

東北郷土料理の味 山形のとろろそば

東北郷土料理の味 山形の紅花そば



ラベル:年越しそば
posted by たみくん at 11:24| Comment(0) | 年越しそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。